一人でも行きやすいお店

一人では行きにくいお店もあれば、反対に一人でも行きやすいお店というのも存在する。

まずはなんと言ってもチェーン店系。チェーン店は基本一人で来ることを想定してカウンターを用意していることがほとんどなので、一人時にする必要が全然ない。ファーストフード屋牛丼チェーンなど、どこも一人で入ることが前提になっている。もちろん一人ではないお客もたくさんいるが、それでも全然気にならないレベルである。

それはラーメン店であっても同様。ラーメン店でもチェーン系は特に一人でも入りやすくできている。特にラーメンでソロ飯におすすめなのが一蘭。

一蘭は知っている人も多いと思うが、席が一人用になっており、隣との間に仕切りがあり、正面も基本的に壁になっている。つまり隣の人や店員のことを全く気にせずゆっくりと自分のペースで食べることができるようになっている。

一蘭なんかはソロ飯のためのお店と言っても過言ではないだろう。むしろ一蘭に連れ立って行く人の気が知れない、ぐらいの心持ちでいて問題ない場所。

カフェ系もチェーン系であれば全然一人で行きやすい。スタバやタリーズ等は一人客前提になっているし、dean&delucaなんかも一人客が多いので一人で過ごしても全然違和感がない。

他に一人で入りやすいお店としては、ファミレスがある。ファミリーレストランと行っているが、もはや一人客前提にしている店舗も多い。例えば、カウンターを用意しているファミレスも増えてきているし、ガストなどは一人客専用の席を用意していたりする。

もちろんファミレスの場合は立地によっては家族客が多い場所もあり、特に土日の夜に限って言えば一人では過ごしにくい店舗もある。それでも基本的には気にする必要がない店舗がほとんど。

他にはフードコートなんかも一人で行きやすい。そもそもショッピングセンター自体一人で行っても全然誰も気にしないレベルだが、レストランに入るとなると途端に家族連れ率が高くなり、入るのにためらってしまうお店が増えてくる。

しかしフードコートであればかなりの数の一人客がいるので、気にせず食べることができる。もちろん人の入れ替わりが激しく、店舗によっては混んでいるためあまり長居には適さないが、一人で入りやすいという意味では間違いなく入りやすい店だろう。

ある程度一人で行きやすいお店、行きにくいお店というのは、人によって感覚が異なる部分がある。例えば回転寿司なんかは一人でも行きやすい人と、一人では行きにくい人が分かれるお店だと思う。

でも間違いなく一人客が多いお店というのは、グループ客のみを前提としたお店に比べて格段に入りやすいものである。まずはこういった一人でも行きやすいお店でソロ飯に慣れていくのもいいかも。